ACのし過ぎはどうかと思います。

お前は今まで撃った弾数を覚えているのか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ACVD 2014/1/18 現時点でのテンプレ

▽基礎知識
VDは盾に対して盾側が対応している属性攻撃を打ってもほとんど通らないため属性を集中して持っていると盾一つで完封されやすい。
そう言った上で考えられたアセンが多々あるのと、領地戦やチーム戦での先頭を加味して考えられているのでデュエル向きではない。
基本的に1機で仕事をするのではなく4機で一つのアセンだと思ってアセン同士を組み合わせいく
右手と左手で違う武器を持っているのは大体は盾割りの役目
フレームだけ流用して装備は基本的に自由変更化。ここに乗せるのは装備一例として考える。
盾は爆発ダメージは貫通するためAPが非常に少ない時はKEミサには注意。


▽盾の強み
・KE盾三種類
AM/SHA-109(通称:第一世代KE盾、第一K盾)
KE1.jpg
APが最も低く、KE値はズラトコをギリギリ弾く程度のKE。特性としてはパルマシを全種弾く。
TEがとても低く、速度がある程度しか出ない脚部には最適。パルマシとプロボを同時に撃たれることが多いのでこの盾一つで完封できる。過信しすぎるとあっという間に割れるため回避行動は怠らないこと。
対スナ相手にも持つため使い潰しが利く盾。

AM/SHA-207(第二世代KE盾、第二K盾)
KE2.jpg
最もKEが高く、スナ、オトキャのダメージをほぼ0に出来る優れもの。盾を割る際にオトキャを両手全弾打ち込まないと割れないレベルで硬い。スナはほぼ全弾打ち込んでも壊れるかは不明。ぎりぎり割れるかも。
APは第一K盾と比べるとほんのちょっとだけ高いだけ。誤差。防御特性としては完全KEシャットアウト
他の属性にはかなり弱くレザライ1セット+αで割れてしまうことも多々ある。

AM/SHA302(第三世代KE盾、第三K盾)
KE3.jpg
APが最も高いKE盾。他の盾と比べて2000以上APがある。ズラトコの3/0/0は貫通する。
KEが若干心許ないのでKEで思ったより割れるので過信は禁物。回避行動をしながら構えてればKEには割られないので止まってなければ平気。特性としては横からレザライなどを打たれても一撃で割れないAPをしている。
APが高いのでパルガンなどでも若干破壊しにくい。他の属性に対しての耐性が高い盾。

・CE盾2種
Au-U-E02(第一世代CE盾、第一C盾)
CE1.jpg
軽く、最低限の仕事はする。ショットガンなども通らないのが強み。3/0/0のストレコは通ってしまう上にAPが低いのがネック。横槍などで割りと簡単に割れる。軽くて装備しやすいので軽量機が装備するには適している。

Au-U-E05(第二世代CE盾、第二C盾)
CE2.jpg
盾の中ではもっとも重く、APも非常に高い。全盾中最大APを誇る。CEも高く、ヒートキャノン腕の攻撃も弾く。変わりにKEが低く、ショットガンが威力に振ってあると貫通することがあるので注意が必要。基本的に重量が許す限りこちらを装備するべき。あまり居ないが威力に振っているオートキャノンはちょっと注意が必要。

・TE盾
AMAGOROMO mdl.1
TE1.jpg
APが高いが他の防御が余り高くない。一応プラズマをはじけるほどのTEはあるが、レザライも通るという本末転倒なTE盾。APが高いだけの盾である。ジニア系の速射型ショットも通ってしまうあまり装備する価値が見出せない。

AMAGOROMO mdl.2(T盾)
T2.jpg
TE盾を装備しろといわれたら基本的にこちらを刺す。こちらはレザライを防ぐ上にTEが5000以上あるので貫通するTE武器のダメージを10%以下まで軽減できるのでTEに対しては強い。TE攻撃に対してはほぼ割れない。
APはモデル1にくらべて落ちているがショットガンも貫通しないので他の武器の耐性も上がっているので気にする必要はない。APがモデル1と比べ低いとはいえ6000超えているので十分実用に耐えうるAPをしている。


▽盾を加味したアセンブル
下記にアセンを書くが、基本的に盾を併用することが多いアセンブルばかり。装備例と一緒にフレームなどを載せていくが、あくまで個人的な意見なことと、(ここは個人ブログです)装備や内装といった細部は自分やチームにあわせて変更してくのが好ましい。基本的にフレームのテンプレを書き連ねているものとして見ること。
装備例は理由も一緒に書いていくので自分で考察しながら使いやすいようにアレンジする程度に参考にしてください

▽ 盾で防がないでほしい防御値
KE 1671 
カレンデュラ(Au-B-A04)ライン。

KE 1870
防御低下した後のハイスピードミサイルの貫通を防ぐライン

CE 1002
よく当たるヒートマシンガンライン 

CE 2036
最もダメージ効率がよくサブコンを必要としない3連バトライライン

CE 2137
ダメ効率のいいUBRライン(ARAGANEmdl.2)

TE 1065
集弾性などを考慮したフレモント(NIODORImdl.1)ライン。

TE 691
リロがおかしいパルマシ、フェイブ(AM/PMA-239)ライン。
 


▽軽逆
・スナ軽逆 AS弾き
軽逆CE
・スナ軽逆 パルマシ弾き
軽逆TE
・スナ軽逆 ヒーマシ弾き
軽逆CE1
すべて用途は同じ。必ずTE盾を装備してレザライと刺しあいできるようにするのはポイント。
持ち前の機動力で逃げ回り、APが低くなったら盾でAPを増設してさらに生き延びつつスナでダメージを取る。
この機体を入れる場合は高火力の味方か、高動力の味方で合わせてあげるのがいい。刺しあいは強いのでシウスなどで補助してあげるととても強い。
軽いCE盾を持つかKE盾を持つかは好みが分かれる所。
KEはランポ(AM/RFB-215)ラインしか考えていない。

▽四足
・ヴェスパ軽四
ヴェスパ軽四
基本的にこのフレームは「ヴェスパ軽四」と略されてることが多い。発案者の名前がアセンに付くことは多々ある。
なぜ呼称が付くほどになったかというと全四足中ほぼ最高スペックを誇るからである。
機動力は高く、APも高く、ハイスピレザライのダメージを押さえ、ハイスピレザライを装備することにより攻撃力も高い。
射撃安定の低い腕だが、Wショルダーのミサイルなのでレザライで防御低下させた後のミサイルを貫通させて通すことによりダメージ効率を確保している。ミサイルでのダメージ依存+基本火力の高いレザライなので、腕の射撃安定関係なしでダメージ出せる上に、相手がどんな盾を構えていても破壊して攻撃できる点が高い評価を得ている。
四脚のテンプレアセンと言えよう。
攻撃できる相手もKEが1870以下、またはTEが低い相手なら攻撃できるため、とても範囲が広い。重2、中ニ、タンク、四脚、重逆、軽量、とほぼすべての相手に対し有効な打撃を与えられる。
ハオラ持ちのTE持ちはかなり苦手だが、元の機動力+高APで逃げ回れるためすぐにやられたりはしない。ネックは弾数。
装備例は盾を二つもっているが、リロ5の腕にあまり影響の受けないガトリングをハンガーに一つ装備のがオススメ。



ちょっと書きかけ。追記予定。
スポンサーサイト
  1. 2014/01/18(土) 18:10:45|
  2. AC関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ACV 軌跡

とりあえず一つの区切りとして。


フリーランク最高1位(2013/6/4現在13位)
傭兵ランク最高3位
所属チーム
July(過去最高ランク 鉱山一位 雪山一位 アッパー一位 マリン一位)現在雪山2位 鉱山2位

Synergy(過去最高ランク アッパー一位 アバンダン一位)現在解散済み

世知辛い世の中ですね(過去最高ランク アッパー三位)現在ランキング圏外

他にも一時移籍などしましたが、今後動くことも多分ないので最終成績はこうなると思います。
なかなかがんばったほうじゃないかな・・・・

フリーランクは過去が一位というだけでデュエルではもうかなわない人は多いと思います。
領地戦に関してはヘリ凸最強という答えが出ているので、通常のAC戦を高レベルで出来る場所と、最終的に思いました。

脚部について ※領地戦
軽二:軽逆の下位互換
軽逆:武器がもてない上にもろい。四足キラー
中ニ:PSに依存。武器はなんでもよし。サブコン推奨
重ニ:PSへの依存度は中ニより低め。ダメをもらいやすいので危機管理能力が高くないとすぐ死ぬ
軽四:防御が低いが攻撃力は高め。PS依存度は中くらいな上に危機管理能力も高くないといけない難しい脚部
中四:CE腕にしやすいので四脚の中では攻撃力は高め。TEに要警戒
重四:TEが居たら死ぬ。閉所マップは危険。武器が意外に通りやすいので重量と防御調整必須。死にやすい
重逆:CE受け高速機。TEに対する警戒力は軽四並。高DPS。ハンドで防御低下しない
タンク:車椅子。四脚を滅ぼす性能は高い。単体での能力は低いので味方の援護が必須。敵を選ばず打てる。高DPS


編成などについては書かないほうがいいと感じました。個々により出来ることが違うのでそのチームでの編成を考えたほうが確かな勝利を得られると思ったからです。
今いる世知辛いはみんなが何でも乗れる上に共通の認識を持っている事と全員が高レベルなPS持ちなので、役割さえ果たせば。といったところです。
逆に過去のチームや傭兵で遊びに行くチームなどで同じことはできないと感じたので、それぞれ自分達にあった編成を導きだしたほうが全体の勝率は上がると感じました。
なので武器や脚部構成に関しては一切記述しません。書いてほしいという要望がもしあれば考えるかもしれませんが情報量が4人分+オペ+マップと、非常に膨大なので頼まれても書くか分かりません。

以上、僕が歩んだACVの軌跡というなの唯の経過報告でした。今後もACVや他のアーマードコアの記事を書いていきますが、ひとまずACVは終了です。
またACVDでお会いしましょう。
DSC_0226.jpg
ACVの色紙当たりました。フランの中の人のサインとヘリが描かれた色紙ですね。ヘリかっこいい!
  1. 2013/06/04(火) 13:57:23|
  2. AC関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

でぃーぷな対戦

Sinkさんとコンセプトマッチ
互いに3機用意し、相手の機体を一機間引きして四機でフルリーグを行なう。
同キャラ戦闘は省くものとする。
http://zenichimegarohaoreda.up.seesaa.net/html/ac_streamChecker.html
配信はTUKA宅で行ないますよ。
  1. 2013/05/25(土) 10:53:33|
  2. AC関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

カウンター

最新記事

最新コメント

カテゴリ

AC関連 (65)
東方 (4)
ガレージ企画 (1)
未分類 (7)
対戦会履歴 (18)
きちょたん (1)
AC対戦者リスト (1)
アセンメモ (6)
NX動画 (2)
艦これ (2)
ガンダム (23)

画集「樂璽」

「赤りんご」氏による東方画集!

樂璽特設ページへ

通販はこちら!
メロンブックス とらのあな

四面楚歌大長編

「スタードリーム」 好評発売中!

ツイッター

TweetsWind

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。