ACのし過ぎはどうかと思います。

お前は今まで撃った弾数を覚えているのか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ブレホについてのレポート

ブレードホーミング簡易検証レポート

新しい発見がいくつかありました。僕が知らなくて新しく発見したことは文字の色を変えておきます

▽基本的な事
ブレホは相手に吸着するように動く
ブースターが速ければホーミングしている時の移動も速くなる
地上斬りは一定の速度で振られる
前を入れながら振ると距離が少し伸びる。よって少しブレードの移動速度が上がる。脚は関係ないのでタンクでも可能
地上ブレードは前を入れながら振ると停止動作がなくなるので速く振れる。
※補足地上ブレードを振って何もしない場合は納刀の動作が行われ停止する。その間ブレードは振れない
地上斬りはブレホ範囲内なら横の補正が若干入る。
OBはキャンセルされる
速度は軽二で最大約500km後半くらい出る
自分の落下ベクトルや上昇ベクトルは関係なしに相手にホーミングする
袈裟斬り、水平斬り。斬り上げ、突きはそれぞれ判定に差はあるものホーミングに差はない
ホーミングできる範囲はFCSによって変わる
ホーミングする回数は頭部によって変わる
リロードはブレードによって変わる
ブレードの振りは腕によって変わる。マスクパラのためわからない。2112が最速だった気がする
振りが遅い速いはホーミングに影響はない
上下のホーミング方向は相手の動きに左右される。相手が上昇をいれているならブレホを取ったときに上昇、相手が下降しているならブレホを取ったときに下降する。
不動の場合は自分のベクトルに左右される。横は動く
自分が空中にいる場合、相手が地上OBをずっとしていたらブレホは下降ベクトルになる。相手に近づくため。
相手がOB余剰などで上昇ベクトルを入れている時にブレホを取る場合はもっとも近い位置に予測して移動するため上昇する。
自分が下にいて相手が上から降りてきているときはあまり上昇せず相手に近づくようにブレホをする。
自分が下にいて相手が上昇する場合は相手と縦の軸が合うようにブレホして上昇する。
FCSのブレホ範囲の形は下記の通り

ハンドガン中2で検証(検証機体
・ALM
真四角。大きめ。画面全体を大体カバー。距離255丁度から拾う(検証済み)
横のブレホ範囲はレーダーの視界と大体同じ。
almブレホ_ROCK
上記がROCKのレーダーによる横のブレホ範囲。
レーダーの視界より少し狭い。距離は正しくはないので注意

・LODD 真四角。普通。距離が短め。大体ALMを短くしたような感じ。対空のブレホを拾ってくれないことがよくある。ロック距離よりちょっと短く、ブレホするのは距離206からする。
横はちょっとだけALMより広い。上記のレーダー範囲より少し広めだった。

・BLAZER 縦に長方形。距離179から拾い始める。一番ブレホが短いのはブレイザだったということが判明。
横の広さはALMより広くLODDより小さい。縦の範囲が大きく、相手がロックオンされてなくても拾うことがある。
縦長の長方形で少し距離は短めであるが、カバーできる範囲は軽二向け。


ブレホ範囲は四角錐のような形をしている
ブレホ角 横から
横から見るとこうなっている。正面からは四角い。
この四角錐は自分が向いている方向に向く。近くても相手を捕らえていればブレホは取ってくれる。

脚によるブレードホーミングレポートを書こうと思っていたらブレードレポートになってしまった。
スポンサーサイト
  1. 2011/11/18(金) 09:33:19|
  2. AC関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

カウンター

最新記事

最新コメント

カテゴリ

AC関連 (65)
東方 (4)
ガレージ企画 (1)
未分類 (7)
対戦会履歴 (18)
きちょたん (1)
AC対戦者リスト (1)
アセンメモ (6)
NX動画 (2)
艦これ (2)
ガンダム (23)

画集「樂璽」

「赤りんご」氏による東方画集!

樂璽特設ページへ

通販はこちら!
メロンブックス とらのあな

四面楚歌大長編

「スタードリーム」 好評発売中!

ツイッター

TweetsWind

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。